ザ・プーチンズ The Putins

ロシア系怪電波ユニット

メンバーは街角マチオ(ボサノヴァギター)、街角マチコ(テルミン奏者)、川島さる太郎(パペット)の3人。

3人が繰り広げるパフォーマンスは、どこか未来的で限りなくアナログ。独特のシュールなテンポで展開する、ポップで不条理なライブは、”21世紀のスネークマンショー”とも呼ばれる。演劇、音楽、コントのすべての要素がハイブリッドに絡み合う本公演のスタイルは、演劇ぶっく劇評より「独特のファンタジー空間」と評される。

これまでロシア大使館でLIVEを行なう等、一風変わったパフォーマンスで話題を呼び、原宿アストロホールや、IID世田谷ものづくり学校で行われたワンマンライブはすべてソールドアウト。2013年にリリースされた初のアルバム「ぷりぷり」では、スピッツ、東京カランコロンを手掛ける竹内修がプロデュースを担当。2015年6月11日にリリースした、初のハイレゾ配信シングル「恋愛契約書」は配信サイトOTOTOYにてウィークリー1位、マンスリー2位を記録した。

母さん、僕の脳みそがロシアから、怪電波を受信しているよ!